NOMAD ATHLETE LAB.

アスリートの為のライフスタイルWEBメディア

ATHLETIC SHOES SPORTS

陸上短距離におすすめ!?ナイキエアズームライバルフライ3とは!?

投稿日:

引用元:ナイキ公式ストア

「ナイキのエアズームライバルフライ3ってどうなのかな?」

「エアズームライバルフライ3のスペックや機能性が知りたい」

こんな悩みや疑問にお答えします。

記事の信頼性

この記事を書いている私は陸上競技歴25年の現役アスリートです。

100mのベストタイムは10秒台で高校時代は400m Rでインターハイ8位でした。

大学卒業後はナイキの販売代理店にてランニングシューズの販売に携わっておりました。

今まで様々なナイキのランニングシューズを履いてきましたが、現在はナイキエアズームライバルフライ3を愛用しております。

ナイキエアズームライバルフライ3とは?

引用元:ナイキ公式ストア

ナイキエアズームライバルフライ3とはナイキズームスピードライバルの後継モデル、ナイキエアズームライバルフライの3代目になります。

※ナイキズームスピードライバルとは軽量性と耐久性を兼ね備えたランニングシューズであり、過去に100m日本記録保持者の山縣亮太選手(セイコー)も愛用していました。

その後継モデルということでナイキエアズームライバルフライとナイキエアズームライバルフライ2も軽量性と耐久性を兼ね備えたモデルでしたが、最新のナイキエアズームライバルフライ3はやや重くなり安定感のあるモデルとなっております。

2023年1月現在で価格は9,900円(税込)と比較的安価なため、コスパ最強のナイキランニングシューズです。

ナイキエアズームライバルフライ3のスペックを紹介

アッパーはメッシュ素材で通気性がよく、前作よりも横幅がやや大きめの作りになっており、私は通常よりもワンサイズ下のサイズを履いております。

ミッドソールにはクシュロンというEVA素材を使用しており、前足部にはズームエアユニットを搭載しております。

アウトソールは耐久性の高いラバーソールを使用しておりますが、濡れた路面でのグリップ力はそこまで高くはないです。

ちなみに重さは27.0cmで約240gとなっており、そこまで軽くはありませんが安定感のあるランニングシューズとなっております。

最後に

ナイキのランニングシューズは海外選手向けに作られている側面が強いですが、ナイキエアズームライバルフライ3は日本限定モデルになっています。

個人的にはアップのJogやドリル、冬季の走り込みやアスファルトでの坂ダッシュなどで使用する機会が多いです。

他のランニングシューズと同様に厚底なため、薄底のランニングシューズと併用して用途に合わせて使うのがおすすめです。

-ATHLETIC, SHOES, SPORTS
-, , , ,

執筆者:

関連記事

陸上インターハイ入賞者がおすすめするアディダス短距離スパイクの選び方とは!?

出典:アディダス公式サイト 「最近、話題のアディダスのスパイクってどうなんだろう?」 「おすすめのアディダス短距離スパイクはあるのかな?」 こんな悩みや疑問にお答えします。 Contents1 記事の …

プロテインは一日に何回飲めばいい?一食あたりに飲む量や回数を紹介

「プロテインは一日に何回飲めばいいの?」 「一食あたりに飲む量や回数、おすすめのプロテインがあれば知りたい」 こんな悩みや疑問にお答えします。 Contents0.1 記事の信頼性1 プロテインは一日 …

陸上短距離に必要な筋トレメニューとは?【腸腰筋の鍛え方教えます】

「陸上短距離をはじめた(やっている)けど、どんな筋トレがあるのだろう?」 「おすすめの筋トレメニューや方法があれば知りたい」 今回はこんな疑問や悩みにお答えします。 Contents0.1 記事の信頼 …

プロテインを飲み過ぎると胃痛や腹痛になる?【原因と対策を紹介】

「プロテインを飲むと胃痛や腹痛になる原因が知りたい」 「なにか胃痛や腹痛を防ぐ対策があれば知りたい」 こんな悩みや疑問にお答えします。 Contents0.1 記事の信頼性1 プロテインを飲み過ぎると …

陸上短距離におすすめする3つのトレーニング方法とは?【初心者必見】

「陸上短距離をはじめた(やっている)けど、どんなトレーニング方法があるのだろう?」 「なにかおすすめのトレーニング方法があれば知りたい」 今回はそんな疑問や悩みにお答えします。 Contents0.1 …

広告

カテゴリー

アーカイブ

掲載内容について

掲載内容については細心の注意を払っていますが、掲載された情報の誤りやデータのダウンロード、第三者によるデータの改ざんなどによって生じた障害等に関しまして、著者は一切責任を負うものではありませんのでご了承ください。著者はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更・削除することがありますので、あらかじめご承知おきください。